身体哲学ファイルLOGOシリーズ「傾舞(kabukumai)」足密tarimi

<font size="6">身体哲学ファイルLOGOシリーズ「傾舞(kabukumai)」足密tarimi </font>


ダンサーJUNの傾舞(kabuku mai)への想い⇒<a href=http://junjugem.jugem.jp>コチラ</a>


</span>



シンプルな構成、毎回与えられるロゴは、


僕のパフォーマンスに対する情熱と極意を一つ一つ形にしたものです。


今、傾舞(KABUKU-MAI)唯一の定期公演、


純粋な傾舞(KABUKU-MAI)が体験できる唯一の機会です






With very simple dance composition, a logo given each time is to express my


passion against my performance and to show the secret of my dance, which is called


Kabuku-mai.


This is an only regularly-scheduled Kabuku-mai's performance and an only




f:id:dancingjun:20201002153800j:plain


Bansuri /  Shaiyan Kishole


Mask of Noh 能面協力 / Hayashi Toushun 林桃春 


DANCE/ 傾 舞(kabuku mai )  JUN



PLACE:AManTo天然芸術研究所 (AManTo EART LAVOLATRY)

大阪市北区中崎西1-1-18

1-1-18 Kita-ku Nakazakinishi Osaka Japan


…地図  http://ow.ly/ZzGk301RrPo


…home page http://amanto.jp/index.php/groups/tengei/


2020年10月3日

OPEN: 19:30


DOOR: 20:00



FEE: 2000円



電話予約でワンドリンクサービス


06-6371-5840 


Telephone being reserved serves the one drink.          


06-6371-5840






 



【傾 舞 kabuku mai】とは

f:id:dancingjun:20201002154018j:plain

傾舞とは「武+舞+奉+禅」の4つの漢字であらわされるコンセプトを持つ


JUN独自の思想を元にしたコンテンポラリーダンス


技術的には、日本人独自の身体操法に着目し「双 軸」(2本のセンターを


駆使して踊る)など数多くの体系を持っている。


面白いことに、日本人独自の運動を探求するため


彼は環太平洋の島人達に共通の動きを見出し、海洋民族の身体性を研究。


この思想と技術を纏め上げた。


Kabuku mai is a contemporary dance based on Jun's original philosophy


which can be expressed by four Japanese characters, BU (martial art), MAI (dance),


HOU (dedication to god) and ZEN (the way of meditation in Buddhism).


Technically speaking, he focused on Japanese traditional physical movement as


Soujiku (= biaxiality. Dance using 2 centers in body.) and other systems.


He seeked for Japanese original movement and found the same style


in island people of Pacific Rim countries.


He kept researching for the physical characteristics in maritime


people and organized the consiousness and skills all together.



HOME PAGE of JUN →http://amanto.jp/jun

身体哲学ファイル LOGOシリーズ「傾舞(kabukumai) 空悟(Kuugo)」

<font size="6">2020/9/29(土)身体哲学ファイル LOGOシリーズ「傾舞(kabukumai)空(Kuugo)悟<span class="deco" style="font-style:italic;"></span></font>

 

 

f:id:dancingjun:20200905093237j:plain

 

 

シンプルな構成、毎回与えられるロゴは、

僕のパフォーマンスに対する情熱と極意を一つ一つ形にしたものです。

今、傾舞(KABUKU-MAI)唯一の定期公演、

純粋な傾舞(KABUKU-MAI)が体験できる唯一の機会です

 

 

With very simple dance composition, a logo given each time is to express my

passion against my performance and to show the secret of my dance, which is called

Kabuku-mai.

This is an only regularly-scheduled Kabuku-mai's performance and an only

chance that you can experience a pure Kabuku-mai.

 

SOUND:


2020/9/29


Wood / 加藤吉樹 Yoshiki katou

能面協力 / 林 桃春 Toushun Hayashi 

 

DANCE/ 傾 舞(kabuku mai )  JUN


PLACE:AManTo天然芸術研究所 (AManTo EART LAVOLATRY)

…地図http://amanto.jp/groups/tengei/access/
OPEN: 19:00

DOOR: 19:30

 

コロナのため限定10名
FEE: 2000円

オンラインサロンに入会いただいた方は、無料でご覧になれます。

<共に学びながら、地球人として地球を本気で良くしていオンラインサロンEART LIFE LABO>

月1000円からで学びソーシャルアクションと防災と平和など様々なテーマで相互協力のネットワークを作り、人づくり、仲間づくりの学びの場を提供させていただいています。
お申し込みはこちらから

http://amanto.jp/index.php?cID=339

電話予約でワンドリンクサービス

06-6371-5840 

Telephone being reserved serves the one drink.          

06-6371-5840

 


加藤吉樹
【ウードOud】

アラブ特有の即興演奏(タクシーム)に魅せられ、ウードをはじめる。 日本で常味裕司氏に師事。カイロにてDr.Khairy Amer、Hesham Essam氏に師事。またイラク人ウード奏者Naseer Shamma氏の主宰するウードハウスで学ぶ。2013年&#12316;2015年にオペラハウスシネマセンター、Helwan大学などのエジプト各地やモロッコで公演を行う。「奥の音」と題してソロウードのライブを大阪市のカフェ futuroで定期開催。「しんきちさん」、「セントヒトヨ」他、多数のユニット、ソロで活動している。

http://yoshikioud.blog115.fc2.com

 


JUN

【傾 舞 kabuku mai】

 

傾舞とは「武+舞+奉+禅」の4つの漢字であらわされるコンセプトを持つ

JUN独自の思想を元にしたコンテンポラリーダンス

技術的には、日本人独自の身体操法に着目し「双 軸」(2本のセンターを

駆使して踊る)など数多くの体系を持っている。

面白いことに、日本人独自の運動を探求するため

彼は環太平洋の島人達に共通の動きを見出し、海洋民族の身体性を研究。

この思想と技術を纏め上げた。

Kabuku mai is a contemporary dance based on Jun's original philosophy

which can be expressed by four Japanese characters, BU (martial art), MAI (dance),

HOU (dedication to god) and ZEN (the way of meditation in Buddhism).

Technically speaking, he focused on Japanese traditional physical movement as

Soujiku (= biaxiality. Dance using 2 centers in body.) and other systems.

He seeked for Japanese original movement and found the same style

in island people of Pacific Rim countries.

He kept researching for the physical characteristics in maritime

people and organized the consiousness and skills all together.

 

●空悟(Kuugo)

悟りとは自分を高めていくだけでは不十分であり、一人の悟りのために「空」=空間=環境が、整っていくような悟りでなければならない。

 

しかし、個人の悟りと違い、多くの周辺の毒を浄化する事はキリがなく限界がある

一つ一つの苦しみに対応することは内なる平和を得たものからしたら簡単だ。

 

しかし、それを解決するのは至難の技。なぜならば、「苦」とは実在するものではなく

それを感じている本人の頭の中に存在するからだ。

 

一つ一つの苦しみに対応するのではなく「空悟(Kuugo)」という悟りをもって

森に静かに、しかし確実に沸き続ける泉のごとく、その己の存在を与え続けていくしかないとわかる。苦しみ続けるのは空間ではなく、その人の心だから、その人の喉の乾きをいやす事ができる泉はやってくるのではなくその人その人が自分の足でその泉を飲むと選択しなければ水は飲めない。「泉は動かぬ」…。

 

それは泉が空悟(Kuugo)を得ているからである。

 

 

 

身体哲学ファイル LOGOシリーズ「傾舞(kabukumai)➡️コロナのため中止

【2020年6月6日(土)Jun Amanto 傾舞(kabukumai)身体哲学ファイル LOGOシリーズ】➡️コロナのため中止

ダンサーJUNの傾舞  https://about.me/junamanto

f:id:dancingjun:20150112132754j:plain

 

シンプルな構成、毎回与えられるロゴは、

僕のパフォーマンスに対する情熱と極意を一つ一つ形にしたものです。

今、傾舞(KABUKU-MAI)唯一の定期公演、

純粋な傾舞(KABUKU-MAI)が体験できる唯一の機会です

 

 

With very simple dance composition, a logo given each time is to express my

passion against my performance and to show the secret of my dance, which is called

Kabuku-mai.

This is an only regularly-scheduled Kabuku-mai's performance and an only

chance that you can experience a pure Kabuku-mai.



PLACE:AManTo天然芸術研究所 (AManTo EART LAVOLATRY)
住所 大阪市北区中崎西1-1-18

OPEN: 19:00
DOOR: 19:30

FEE: 2500円
電話予約でワンドリンクサービス
06-6371-5840 

Telephone being reserved serves the one drink.          
06-6371-5840

 

 

 

身体哲学ファイル LOGOシリーズ】➡️コロナのため中止

【2020年5月2日(土)Jun Amanto 傾舞(kabukumai)身体哲学ファイル LOGOシリーズ】➡️コロナのため中止

ダンサーJUNの傾舞  https://about.me/junamanto
 

f:id:dancingjun:20191101154125p:plain

シンプルな構成、毎回与えられるロゴは、

僕のパフォーマンスに対する情熱と極意を一つ一つ形にしたものです。

今、傾舞(KABUKU-MAI)唯一の定期公演、

純粋な傾舞(KABUKU-MAI)が体験できる唯一の機会です

 

 

With very simple dance composition, a logo given each time is to express my

passion against my performance and to show the secret of my dance, which is called

Kabuku-mai.

This is an only regularly-scheduled Kabuku-mai's performance and an only

chance that you can experience a pure Kabuku-mai.






PLACE:AManTo天然芸術研究所 (AManTo EART LAVOLATRY)
住所 大阪市北区中崎西1-1-18

OPEN: 19:00
DOOR: 19:30

FEE: 2500円
電話予約でワンドリンクサービス
06-6371-5840 

Telephone being reserved serves the one drink.          
06-6371-5840

 

 

 

Jun Amanto 傾舞(kabukumai)身体哲学ファイル LOGOシリーズ】➡️コロナのため中止

【2020年4月4日(土)Jun Amanto 傾舞(kabukumai)身体哲学ファイル LOGOシリーズ】➡️コロナのため中止

ダンサーJUNの傾舞  https://about.me/junamanto

f:id:dancingjun:20200606115933p:plain

シンプルな構成、毎回与えられるロゴは、

僕のパフォーマンスに対する情熱と極意を一つ一つ形にしたものです。

今、傾舞(KABUKU-MAI)唯一の定期公演、

純粋な傾舞(KABUKU-MAI)が体験できる唯一の機会です

 

 

With very simple dance composition, a logo given each time is to express my

passion against my performance and to show the secret of my dance, which is called

Kabuku-mai.

This is an only regularly-scheduled Kabuku-mai's performance and an only

chance that you can experience a pure Kabuku-mai.






PLACE:AManTo天然芸術研究所 (AManTo EART LAVOLATRY)
住所 大阪市北区中崎西1-1-18

OPEN: 19:00
DOOR: 19:30

FEE: 2500円
電話予約でワンドリンクサービス
06-6371-5840 

Telephone being reserved serves the one drink.          
06-6371-5840

 

植物音楽・大地の種×Jun Amanto『閏・URUU』

2020/2/29(土)
植物音楽・大地の種×Jun Amanto『閏・URUU』

 

f:id:dancingjun:20200605182627p:plain



 
@朱雀ホール(中崎町朱夏/AManTo Bar Shuka)
〒530-0015 大阪府大阪市北区 中崎西1丁目1-18

※こちらのイベントのご予約は必ず以下のPeatixページから登録してくださいませ。⇒ https://peatix.com/event/1420130

2018/11/18、2019/3/23、2019/8/3と大好評でソールドアウトとなったTEAM JOMONの舞台シリーズ、第4弾!

歌声×ジャンベ×ピアノ×身体表現×映像
#植物音楽 #縄文 #中崎町

一緒にエネルギーの渦を創りあげましょう🌀

-------------
 
■入場料
前売り 3,500円(別途1ドリンク)
 ※前売り締め切り2/27
当日 4,000円(別途1ドリンク)

 ご予約について

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 ※Peatixページより予約権を人数分取得し、ご精算は当日会場にてお支払いください。FBの参加ボタンでは予約完了になりません。

https://peatix.com/event/1420130
☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 ※なるべくお釣り銭のないようにお願い致します。
 ※お申し込み後のキャンセルはご遠慮願います。
 ※定員になり次第締め切りとなります。


■19:00 開場
19:30-21:00 Performance time

大地の種×Jun Amanto special performance

音人:大地の種
舞人:Jun Amanto
語人:MAGO
企画演出:Naomi Ono
 
-------------

29th February , 2020
7:00pm-9:00pm

@Shuka, Nakazaki-cho, Osaka, Japan
Café Bar Shuka is located in the locals at‘retro town’, Nakazakicho.

ADV 3,500JPY ADM 4,000JPY

[Seeds of Earth x Jun Amanto]

Seeds of Earth 大地の種
-Chiyo Kaiga [Piano&vocal]
-Kackey@dabigtree [Djembe&vocal]

Jun Amanto [Dancer]
Naomi Ono [Director]
MAGO [Story teller]

MAP -> https://goo.gl/maps/gka41R5x3Xw
http://amanto.jp/index.php/groups/shuka/

-------------

[Profile]
大地の種

自然をこよなく愛する音楽家、ピアニストシンガー海賀千代 (Chiyo Kaiga)と、アフリカの太鼓ジャンベシンガーKackey@dabigtree (カッキー・アット・ダ・ビッグトゥリー)の異色な男女混声DUOユニット。
北イタリア・ダマヌール生まれの植物音楽デバイス"Bamboo"を使ったコラボレーション音楽をはじめ、
童謡、里山をテーマにした和の心を受け継ぐサウンド、そして、森羅万象からインスパイアされて生み出す世界観を繰り広る。
それぞれがコンポーザーでありオリジナル楽曲を作成。
インプロ(即興演奏)も得意とする。

試聴サイト→ https://www.tunecore.co.jp/artist/daichinotane


海賀千代 [Chiyo Kaiga]

作詞・作曲家/ピアニスト/シンガー
 
米・カリフォルニア州バークレー アームストロング大学  准学士号

6歳からクラシックピアノを始め、即興音楽を最も得意とするピアニスト・シンガー。

森羅万象からインスパイアされて生まれる曲で、ソロ、あるいはあらゆるジャンルのアーティストとのコラボレーションで音楽活動を展開している。

全国各地の神社、仏閣で奉納公演を行う他、2015年11月スペイン・バルセロナ公演を皮切りに、ヨーロッパ、オセアニアアメリカ、アジア各国で海外公演を行うなど、音楽と芸術を通じて世界中の人々と交流を図り、愛と平和のメッセージを発信し続けると共に、カナダを拠点する内閣府認定国際チャリティー団体HOPEインターナショナル関西支部実行委員として社会貢献を志す。

2017年11月、皇太子殿下ご夫妻ご臨席の全国育樹祭式典、および、西オーストラリア州首相ご夫妻来日歓迎晩餐会にて演奏。

2018年5月東久邇宮記念賞受賞。
 

●公式HP: https://www.mucreatorchiyo.com/
Facebookhttps://www.facebook.com/chiyo.baba.5
 

-------------------------

 
Kackey@dabigtree
 

作詞・作曲家/アフリカンジャンベプレイヤー/シンガー
大阪千里出身。
 
西アフリカの太鼓、ジャンベを叩きながら歌うスタイルのシンガーソングライター。

アフリカン、ゴスペル、レゲェ、沖縄、ロックなどから影響を受け、土、太陽、海の匂いがする有機的な音楽を表現する。

大阪を拠点に日本全国で演奏、またオーストラリア、韓国、台湾へ単身で渡り地元の人々の協力を得てLIVE公演を行う。

ギター、沖縄三線二胡、ボイスパーカッションなどの演奏者、またベリー、フラ、コンテンポラリーダンスなどの身体表現者と共演。

 
●Web Site: https://kackey.info/
Facebook/Twitter/Instagram: kackeybigtree
YouTubehttps://youtu.be/WuWxarDaqm8
 

-------------------------


天人 純 Jun Amanto


幼少より武道武術をたしなみスタントマンから大道芸人を経てパフォーマーに世界を旅するうちに日本人独自の運動特質と環太平洋の古い部族の動きを各地の格闘技、伝統舞踊学び、研究しその共通点を編集、独自の哲学をもとに傾舞(かぶくまい)*1を創始した。



Jun AManTO

Jun is a butoh dancer,performing worldwide his original Kabuku-Mai dance which is based on his discovery of the unique way that the ancient Japanese people aurally moved their bodies

the movemet,he realized, reflects harmonious way of living which is all about achieving the highest good of all beings.
and he suggests that relearning it can help us retrieve and remember the connection this modern society has lost

in 2001,he established a community-cafe Salon de AManTO to provide a space for nurturing diverse and creative ideas that serve humanity.
It led to be a big cultural movement that is known as AMantTo Phenomenonand it has attracted more than 100 shops, restaurants and galleries in its neighborhood.
By 2012 ,the movement has grown to become as eco village`Area AMant To`,with 11shops under the direct management.
The team has been also committed to working with local and global charities, such as supporting its recovery in Tohoku area,orgnizing events lice 'active lohas' and '365 earth day', and helping refugees.
The consistent effort and the determination of the team has been drawing much attention from the media overseas such as Korea,Philippiens and Indonesia.

http://amanto.jp/english/

==========================
 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 ご予約はコチラから!
https://peatix.com/event/1420130
☆★☆★☆★☆★☆★☆★

身体哲学ファイル LOGOシリーズ「傾舞(kabukumai)雪壱師 YukiIchishi 」

身体哲学ファイル LOGOシリーズ「傾舞(kabukumai) 雪壱師 YukiIchishi 」

ダンサーJUNの傾舞  https://about.me/junamanto

f:id:dancingjun:20150112132754j:plain




 

シンプルな構成、毎回与えられるロゴは、

僕のパフォーマンスに対する情熱と極意を一つ一つ形にしたものです。

今、傾舞(KABUKU-MAI)唯一の定期公演、

純粋な傾舞(KABUKU-MAI)が体験できる唯一の機会です

 

 

With very simple dance composition, a logo given each time is to express my

passion against my performance and to show the secret of my dance, which is called

Kabuku-mai.

This is an only regularly-scheduled Kabuku-mai's performance and an only

chance that you can experience a pure Kabuku-mai.


【2020年1月4日(土)Jun Amanto 傾舞(kabukumai)身体哲学ファイル LOGOシリーズ】
 

SOUND:
Voice&Djembe: Kackey@dabigtree
Didgeridoo/ディジュリドゥ: Takashi Nozawa/野澤 隆

能面協力 / 林 桃春 Toushun Hayashi 

DANCE/ 傾 舞(kabuku mai )  JUN

PLACE:AManTo天然芸術研究所 (AManTo EART LAVOLATRY)
住所 大阪市北区中崎西1-1-18

OPEN: 19:00
DOOR: 19:30

FEE: 2500円
電話予約でワンドリンクサービス
06-6371-5840 

Telephone being reserved serves the one drink.          
06-6371-5840

—————

【Profile/プロフィール】
Kackey@dabigtree(カッキー・アット・ダ・ビッグ・トゥリー)
シンガー/ジャンベ奏者/作曲家/作詞家

f:id:dancingjun:20191211162014j:plain
大阪千里出身。吹田在住。
西アフリカの太鼓、ジャンベを叩きながら歌う稀有なスタイルのシンガーソングライター。
アフリカン、ゴスペル、レゲェ、沖縄、ロックなどから影響を受け大地の匂いがする有機的な音楽を表現する。
1997年、ハードロック/ヘヴィメタルバンドにボーカルとして加入し、同時にPCでの音楽製作を開始。
2003年、楽器屋でジャンベと目が合い叩いた瞬間にビジョンが観え、今のジャンベシンガーのスタイルに。
ジャンベ演奏は伝統的なアフリカンミュージックではなく、能・狂言がもつ”間”や、日本特有の祭りで用いられるグルーヴを軸にした演奏を得意とする。
大阪・神戸を拠点に日本全国で演奏、また海外ではオーストラリア、韓国、台湾へ単身で渡り地元の人々の協力を得てLIVE公演を行った。
身体表現者と共演することも多い。
 
2017年11月よりピアノシンガー海外千代と植物音楽ユニット・大地の種/Music of the Plants "Seeds of Earth"を結成し活動中。
オリジナル楽曲、インプロヴィゼーション(即興音楽)を演奏。
植物の生体電位をシンセサイザーの音に変換するデバイス”Bamboo”を用いてのセッションも行う。
古民家、ライブハウス、東大寺平城宮跡伊弉諾神宮、出雲大神宮などで演奏。
Jun Amanto(ダンサー)、針山愛美(ダンサー)、Arun Sivag from India(パーカッショニスト)、Drukmo Gyal Yogini from Tibet(マントラシンガー)、Steve Eto(パーカッショニスト)等と共演。

Web Site -> http://kackey.info/
FB/Twitter/Instagram -> kackeybigtree
YouTube -> https://www.youtube.com/user/kackeydjembe
大地の種Web Site -> https://www.daichinotane.com/


野澤 隆

Didgeridoo/ディジュリドゥ: Takashi Nozawa
f:id:dancingjun:20191211162018j:plain
長野県生まれ
1996年インドにて音楽に目覚める。2000年日本でディジュリドゥに出会い 演奏を始める。2006年からむーたらずというバンドをはじめ日本各地 タイやスペインオランダなどでライブを重ねる。2010年アイヌディジュリドゥに出会う。同じ年にネイティブアメリカンに出会い 彼らの歌を学び歌い、この地球と共に生きる生き方を深く学び始める。 そして今ここにたどり着き 各地で演奏をしている。



JUN
【傾 舞 kabuku mai】

f:id:dancingjun:20191101154125p:plain
傾舞とは「武+舞+奉+禅」の4つの漢字であらわされるコンセプトを持つ
JUN独自の思想を元にしたコンテンポラリーダンス
技術的には、日本人独自の身体操法に着目し「双 軸」(2本のセンターを駆使して踊る)など数多くの体系を持っている。

面白いことに、日本人独自の運動を探求するため
彼は環太平洋の島人達に共通の動きを見出し、海洋民族の身体性を研究。
この思想と技術を纏め上げた。

Kabuku mai is a contemporary dance based on Jun's original philosophy

which can be expressed by four Japanese characters, BU (martial art), MAI (dance),

HOU (dedication to god) and ZEN (the way of meditation in Buddhism).

Technically speaking, he focused on Japanese traditional physical movement as

Soujiku 😊 biaxiality. Dance using 2 centers in body.) and other systems.

He seeked for Japanese original movement and found the same style

in island people of Pacific Rim countries.

He kept researching for the physical characteristics in maritime

people and organized the consiousness and skills all together.

 

<雪壱師 YukiIchishi>

壱師とは、一般的にはお彼岸花、また、天界に咲く花とされる曼珠沙華(まんじゅしゃげ)だとも言われています。

花は特に幾何学的な形に咲いて6枚花弁の花で球を作ります。

真っ白な曼珠沙華は、人の悪行を払う花ともいいます。

彼岸花は花だけの植物で葉がなく、花が枯れるとは葉が伸びてくる「葉見ず花見ずの草」と呼ばれます。

秋、彼岸のころ、突然花芽が伸び花がさきほんの1週間ほど枯れてしまいます。

 

そして壱師は、冬になり周りの植物が全て枯れると、緑の細長い葉を茂らせ日光を独り占めにし、太陽の力を全力で地中に送り込みます。

「雪壱師 YukiIchishi」です。

 

春まで大地にエネルギーを受け渡し、土地を浄化し、自らの球根には毒を貯め込むのです。他の植物が芽吹き出すと控えめに全て枯れて又秋を待ちます。

 

白花の花言葉は「また会う日を楽しみに」ですが、壱師が他の花に出会う事は稀です。

他に媚びず憧れず自分のできる事をめい一杯大地に捧げきるその生きる姿は、

まさしく私たち「芸能ノ徒」のあり方に似ています。