身体哲学ファイルLOGOシリーズ「恋意」(koi)

身体哲学ファイルLOGOシリーズ「 恋  意 」(koi)

Body Philosophy File, Logo series




「 恋  意 (koi)」




シンプルな構成、毎回与えられるロゴは、

僕のパフォーマンスに対する情熱と極意を一つ一つ形にしたものです。

今、傾舞(KABUKU-MAI)唯一の定期公演、

純粋な傾舞(KABUKU-MAI)が体験できる唯一の機会です



With very simple dance composition, a logo given each time is to express my
passion against my performance and to show the secret of my dance, which is called
Kabuku-mai.

This is an only regularly-scheduled Kabuku-mai's performance and an only
chance that you can experience a pure Kabuku-mai.




SOUND:

尺  八/ 福本卓道Takudou hHukumoto : Japanese flute

シタール: J

オカリナ:山本 優子




能面協力 / 林 桃春  Toushun Hayshi : Mask of NOU

 
DANCE:傾 舞(kabuku mai )  JUN


PLACE:AManTo天然芸術研究所 (AManTo EART LAVOLATRY)
地図http://tengei.atpk.jp/page_3
home pagehttp://tengei.atpk.jp/


OPEN: 19:00
DOOR: 19:30


FEE: 2000円


電話予約でワンドリンクサービス
06-6371-5840 
Telephone being reserved serves the one drink.          
06-6371-5840







尺  八/ 福本卓道Takudou hHukumoto : Japanese flute

ホームページは「心音一如」
http://www.d1.dion.ne.jp/~takudoo/


シタール: J

7歳の時にシタールの音色に触れ深い感銘を受け1996年に初渡印。

シヴァ神の聖地VaranasiにてSenia流派のシタール奏者Maestro Debashish Sanyalより
シタールの修練を始め、その過程にてEtawa流派を取り入れる。
またShri Vinod Leleに師事しKhayalのインド古典声楽の修練を行なう。

インド古典音楽奏者としての活動は国内外に及び、またインド古典舞踊の伴奏、
その他舞踏との競演、シタールヒーリング音楽の作曲・提供等の活動を展開。

2004年には1stアルバムWATER EDITIONを発表、また2006年にはインド古典の作品として
Jollymen&s Fileを発表、好評を得た。

シタール奏者Jのサンプルのライブ映像【YouTube】




オカリナ:山本 優子

同志社女子大学学芸学部音楽学音楽学専攻卒業。
在学中よりリコーダーを神谷徹、花岡和生の各氏に師事。
またバロックアンサンブルを西村喜子氏に師事する。

1993年にオーストリア・インスブルクにてInternational Summer Academy for Early Music
に参加、ミハエル・シュナイダー氏に師事。
また、1997、2000、2001年にはイギリスにてDartington International Summerschool
に参加、ピアス・アダムス氏に師事する。
そのほか、国内の各地で行われている講習会に参加、研鑽を積む。

声楽、チェンバロヴィオラ・ダ・ガンバなどの古楽器によるブロークンコンソート(室内楽
を中心に活動を展開、2001年より「おとの玉手箱」シリーズを開始、
古楽器の枠にとらわれないアンサンブルを提案し演奏活動を続けている。
また、1995年よりオカリナの演奏活動、及び指導を開始。
「スイートポテトオカリナ合奏団」に参加し、数々の演奏活動を行っている。
2003年にはオカリナの故郷であるイタリア・ブドゥリオにて開催された
オカリナフェスティバルに参加、好評を博す。
また、2003年11月には大阪・いづみホールにおいてソロで「現代の波」に出演、
オカリナの現代曲を初演し好評を博した。
各地でアンサンブル、ソロの演奏活動をする傍ら、指導にも力を注いでいる。

現在、頌栄短期大学非常勤講師。
カワイ音楽教室近鉄文化サロン、JTBカルチャースクール等の多数の教室、
サークルで指導にあたっている。
2007年5月5日 1st オカリナソロアルバム「Foggy Dew」発売。




JUN
【傾 舞 kabuku mai】

傾舞とは「武+舞+奉+禅」の4つの漢字であらわされるコンセプトを持つ
JUN独自の思想を元にしたコンテンポラリーダンス
技術的には、日本人独自の身体操法に着目し「双 軸」(2本のセンターを
駆使して踊る)など数多くの体系を持っている。
面白いことに、日本人独自の運動を探求するため
彼は環太平洋の島人達に共通の動きを見出し、海洋民族の身体性を研究。
この思想と技術を纏め上げた。
Kabuku mai is a contemporary dance based on Jun's original philosophy
which can be expressed by four Japanese characters, BU (martial art), MAI (dance),
HOU (dedication to god) and ZEN (the way of meditation in Buddhism).
Technically speaking, he focused on Japanese traditional physical movement as
Soujiku (= biaxiality. Dance using 2 centers in body.) and other systems.
He seeked for Japanese original movement and found the same style
in island people of Pacific Rim countries.
He kept researching for the physical characteristics in maritime
people and organized the consiousness and skills all together.


HOME PAGE of JUN →http://jun240.atpk.jp/





<「  恋 意 (koi)」>解 説